ダイエットには運動が欠かせません。だから、ランニングを始めてみる。

でも、なかなか続かない…そんな経験をしたことありませんか?
ダイエットって大変だから成功しないと悩んでいる…。

そんな女性のあなたに、スクワットダイエットをご紹介します。
スクワットは、まずお金がかかりません。

道具も必要なく、この身ひとつでできます。とにかく手軽です!
どうですか?ちょっと続けられそうだと思いませんか?

今回は、スクワットの効果とそのやり方について解説します。




 

スクワットってどんな効果があるの?

スクワットとは、キングオブトレーニングと言われている筋トレです。

なぜそう呼ばれているのかというと、スクワットは太ももやお尻だけでなく、同時に背中や腹筋などの上半身も鍛えられ、一気に様々な筋肉が使えるトレーニングだからです。
太ももやお尻を引き締めつつ、全身痩せも叶えてくれるという嬉しい効果があります。

スクワットは、直接脂肪を燃焼していくのが目的ではありません。
スクワットを行うことによって、代謝が上がって痩せやすい体を作るということが目的になります。

また、正しいフォームで行っていれば、1週間ほどで効果が見えてきます。

間違ったフォームで続けてしまうと、効果が半減してしまい、
その上、膝や腰に無駄に負荷がかかって痛めてしまう恐れがあるので、
正しいやり方をマスターしましょう。

基本的なスクワットのやり方

  1. 足を肩幅より少し広めに開き、つま先を少し外側に向けます。腕は頭の後ろで組むか、前に伸ばしておきましょう。
  2. 息を吐きながら、お尻を後ろに突き出すイメージで、ゆっくりと膝を曲げます。空気椅子をする感覚で、太ももと床が平行になるくらいまで腰を落とします。もっと落とせれば、さらにgood!
  3. 息を吸いながら、しゃがむときと同じペースでゆっくりと立ち上がります。

これを繰り返します。

今回紹介した、スクワットはオーソドックスなやり方です。
スクワットには様々なやり方があり、動画もたくさんあります。

自分が続けられそうなスクワットを見つけて続けてみましょう!

注意点

  • 裏はしっかり地面につけて、かかとが浮かないようにする。
  • しゃがむときに膝がつま先より前に出ないようにする。
  • 膝が内側に入らないようにする。つま先と膝が違う方向を向いていると、関節に負担がかかってしまう。
  • 息の流れを止めない。
  • 背筋は伸ばしたまま、背中が丸くならないようにする。しっかり前を見て、顔上げるのを意識すると姿勢が良くなる。

 

ゆっくりであればあるほど、負荷が大きくなります。
ペースは、3秒かけてしゃがみ、3秒かけて立ち上がるのがおすすめです。




どれくらいの頻度で行えばいいの?

スクワットダイエットには、毎日何回やらなきゃいけないなど明確な回数はありません。

自分のペースで進めて大丈夫です。
続けられるか不安という方には、ながらスクワットがおすすめです。

髪を乾かしながら、テレビを見ながらなど何かのついでにやることで、
苦にならずに習慣化することができます。

回数は少なくてもいいので、あと一回多く頑張ってみようなどの小さな頑張りが大切です。
毎回自分の限界を超えていくつもりで取り組みましょう。

 

また、30日スクワットチャレンジもおすすめです!
30日スクワットチャレンジとは、その名の通りスクワットを30日間やるトレーニング法です。

毎日少しずつ回数を増やしていき、3〜4日に1度お休みの日を設けます。
日数が30日間と決まっているので、
終わりの見えないダイエットよりもモチベーションが維持しやすく取り組みやすいのがポイントです。

基本的には1日50回程度を目安に始め、
そこから1日ごとに5回ずつ増やしていきます。

例えば、1日目50回、2日目55回、3日目60回のようになります。
カレンダーに回数を記録しておくと分かりやすく、モチベーションも維持しやすいでしょう。

ダイエットアプリを使って回数を記録するのもおすすめです。
毎日決められた回数を達成することで、ダイエットの糧になっていくでしょう。




まとめ

スクワットは、手軽であるにも関わらず、
ダイエットに効果絶大のトレーニングです!

スクワットはやり方次第で負荷が違ってくるので、
自分に合ったペースで、無理なく頑張りましょう。

短期間でダイエットを成功させたいという方は、是非スクワットに挑戦してみてください。
スクワットで健康的な体を手に入れましょう。