どうも千夏です。

今日はダイエット中の朝ご飯についてお話しさせていただきます。

あなたはちゃんと朝ご飯を食べておりますか。
「朝は忙しいから食べない」
「朝ごはん食べると体調が悪くなる」
などの理由で食べられない方が多くいらっしゃいます。

しかし、ダイエット中において男性女性問わず朝ご飯とはものすごく大切な食事です。
今日はそんなダイエット中の朝ごはんについてお話しさせていただきます。

なぜダイエット中の朝ごはんが大切なのか

なぜダイエット中の朝ご飯が大切かと申し上げますと、以下のような理由があります。

  1. 急激な血糖値を防ぐ
  2. 代謝のスイッチを入れる
  3. 筋肉分解を防ぐ

という理由があります。

特に大切なのが、筋肉の分解を防いでくれることです。
筋肉はダイエットにおいてできるだけ筋肉を落とさないことが大切です。

筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝が減ったりと遠回りすることになってしまいます。

特に男性は筋肉が落ちやすくなってしまいます。

なので、必ずダイエット中は朝ごはんを摂取知るよう心がけましょう。

何時までに食べるのがおすすめ?

そもそも朝ごはんとは何時までに食べたらいいのかという疑問が思い浮かぶかと思います。

厳密にいうと何時までというよりは起きてからの時間が大切です。
人それぞれ生活リズムが違いますので、朝に食べるから朝ごはんというわけではなく、起きてから食べるのが朝ご飯です。

まあ定義に関してはどうでもいいと思いますので、結論を申し上げます。

朝ごはんは起きてから2時間以内に食べましょう!

なぜ2時間以内かと申し上げますと、体内時計に乱れが生じにくくなります。

体内時計のリズムが乱れすると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
ホルモンバランスが崩れてしまいますと、グリシンが増えてしまいます。
グリシンが増えてしまうと食欲が増進してしまったり、レプチン(食欲を抑制する成分)が減ったりしまいますので、太りやすい体質になってしまいます。

そのためあさごはんは起きてから2時間以内に食べるのが大切です。

ダイエット中朝ごはんは何を食べるのがおすすめ?

朝ごはんの大切さがわかったところで結局何を食べたらいいのかわからないと思います。
また、朝ごはんを食べると体調が悪くなってしまうという人もいらっしゃいますと思います。
そんな人でも何を摂取したらよいのかもお話しさせていただきます。

朝ご飯が食べられる人

朝ご飯が食べられるという人は以下のような食材がおすすめです。

・納豆
・卵
・豆腐
・ヨーグルト
・バナナ

基本的には和食がおすすめで、特に納豆とたまごがおすすめです。
納豆には大豆サポニンが含まれております。

大豆サポニンは肥満防止効果が備わっております。
大豆サポニンは腸から吸収されたブドウ糖が脂肪に変化するのを防いで、脂肪に蓄積されるのを防いでくれます。

そして、中性脂肪も減少してくれる効果があるので、肥満防止になるといわれております。

また、たまごに関してはスーパーフードと呼ばれており、栄養素の高さ売りです。

たまごには「必須アミノ酸」「タンパク質」「コリン」が含まれており、ダイエットには必須の成分ばかり含まれておりますので、必ず1日1個以上摂取しましょう。

朝ご飯が食べらることができない人

朝ご飯が食べるのが苦手という人は以下のような食事を摂取しましょう。

・ヨーグルト
・プロテイン
・牛乳

無理に食べ物を食べたところで体調を崩してはもともこうもありませんので、飲み物を摂取しましょう。

特におすすめなのが、プロテインです。

プロテインはただのタンパク質を粉末状にしたものですが、タンパク質は三大栄養素の一つで、髪、皮膚や筋肉などを作るのに必要です。

ダイエットにおいても三大栄養素中で一番必要な成分とされております。

そのため、カロリー制限するうえでも必須の成分であり絶対に量は減らしてはいけません。

最低でも1日体重×1g摂取しましょう。

まとめ

・朝ごはんはものすごく大切で、摂取することにより『急激な血糖値を防ぐ』『代謝のスイッチを入れる』『筋肉分解を防ぐ』3つ効果を得ることができます。

・何時までに食べたほうがいいかというと、起きてから2時間以内に食べることが大切です。起きてから2時間以内に食べると体内時計が整います。乱れてしまうと、太りやすい体質になってしまうので、2時間以内に摂取しましょう。

・何を食べたらいいのかというと、朝ご飯を食べることができる人は納豆と卵は必ず摂取しましょう。どちらも栄養価が高くカロリーに対してコスパが高いので、無駄な栄養成分がありません。また、食べることが苦手な人は、飲み物で摂取しましょう。特にプロテインがおすすめで、タンパク質が豊富に含まれております。タンパク質は筋肉や髪などを作るのに必要な成分ですので、体重×1gを摂取しましょう。

普段朝ごはんを食べていない人は急に朝ごはん食べるということは苦手だと思います。

しかし、ダイエット中の朝食はダイエット効果を促進してくれます。
なので、朝ごはんは必ず摂取しましょう。