どうも千夏です。

最近ニュースでノーベル賞を受賞された「本庶佑」さん。

ニュースを見ていて思い出しましたが、実はダイエットに関することがノーベル賞を受賞しております。

実は最近受賞されており、2016年で本庶佑さんと同じ生理学・医学賞受賞です。
しかも日本人の「大隅良典」さんです。
受賞内容といたしましては、「オートファジー(自食作用)の仕組みの発見」です。

「あれ?ダイエットウィンドウを調べに来たんだけど…」と思ったそこのあなた!
実はダイエットウィンドウはオートファジーを利用したダイエット方法なのです!
オートファジーを知らなくても、ダイエットウィンドウはわかりますが、簡単に説明させていただきます。



オートフィジーとは

オートファジーとは簡単に言うと、細胞にある不要なものを分解する働きをすることです。

細胞は年を重ねるごとに古くなっていきます。
細胞が古くなっていくと不要なたんぱく質が増えてきます。
この古い細胞はいろいろな病気、肌トラブルの原因、脂肪の蓄積の原因となってしまいます。

それを細胞レベルで行っているのがこのオートファジー(自食作用)です。

オートファジーは古くなったタンパク質をアミノ酸に変えて、デトックス効果を得ることができます。また、年を重ねるごとに代謝が落ちてきているのを感じているかと思います。

それをオートファジーを活性化することによって細胞レベルで新陳代謝が促進するので、ダイエット効果を得られるということです。



オートフィジーはどうやって活性化するのか

オートフィジーを活性化する要因とは、断食にあります。
大隅良典さん率いる研究者の研究により断食を行って約8時間あたりからオートファジーが急激に活性化することが分かっております。

このオートファジーを利用したダイエットがダイエットウィンドウです。
では次の章ではダイエットウィンドウについてお話しさせていただきます。




ダイエットウィンドウとは

ダイエットウィンドウとは1日の最初にとった時間と最後にとった時間の間の時間を指します。

例えば、朝6時に起床し6時半に朝食をとったとします。
そうすると、ダイエットウィンドウの開始時間は6時半だという意味になります。

そのあと12時前後に昼食を食べると思いますが、これはダイエットウィンドウの時間には該当しません。

そして、18時時半に夜ごはん(最後の食事)をすること、これによりこの人のダイエットウィンドウが12時間ということがわかります。

このダイエットウィンドウが重要で、この時間が短ければ短いほど良いとされております。

さて、ここで問題です!
なぜこの時間が短ければ短ければよいのでしょうか。
少しだけ考えてみてください。

 




 

 

 

 

 

 

 

ヒント:ここまで記事を読んだ人ならわかるかと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう!正解はオートフィジーが活性化するからです!
オートファジーは長ければ長いほど活性化する時間も長くなります!

例えばこのダイエットウィンドウが12時間であれば、断食時間は12時間となります。次にダイエットウィンドウが8時間であれば、断食時間は16時間になります。




具体的なやり方

さてここまでは理論な話で窮屈だったと思います。
この章ではどうやったらいいのかお話しさせていただきます。

実はやり方はものすごく簡単で、ダイエットウィンドウの時間の最中は何も食べてもいいというやり方です。

2017年にバーミンガムの大学で研究者によりダイエットウィンドウの研究が行われました。

その内容としては、被験者のダイエットウィンドウを最初を「12時間」に設定をし、その次に「8時間」「6時間」「4時間」とダイエットウィンドウの時間を短くしていきました。

ダイエットウィンドウ中の時間は特別なダイエット食品をとらず、普段と同じ食事をするという実験を行っておりました。
その結果、ダイエットウィンドウが短くなるにつれて、明らかに体重が減っていったといことがわかりました。

そのためダイエットウィンドウの時間中は何を食べてもよいとされております。

ただ注意点は慣れてないと空腹がものすごくつらいということです。

空腹感は意外と我慢すれば何とかなります。
もし我慢ができない場合は最初はダイエットの時間を長くして「10時間」ぐらいにし、なれてきたら「8時間」前後に設定しましょう!




まとめ

  • オートファジーとは断食時間を約8時間以上行うことで活性化する細胞で、この細胞は活性化することによって古い細胞を食べて新陳代謝が損化します。
  •  そしてダイエットウィンドウは食事の最初と最後の時間の間の時間を指し、この時間が短ければ短いほどダイエットウィンドウの時間が長くなるので、オートファジーが活性化し痩せられるというダイエット方法です。

しかもダイエット中はカロリーを気にせず食べれるという画期的なダイエットです。

最初は信じがたいかと思いますが、ノーベル賞を受賞しているのです!
なので、ちゃんとした実験結果や根拠があるので、ぜひともチャレンジしてみてください!

最後まで閲覧いただきありがとうございました。