どうもちなつです。

筋トレペースどうしようか悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。上級者になると週5や6で行っている人もいらっしゃいます。

しかし、忙しい人はそんなにできないし、また仕事帰りはつかれているのでできれば休日にやりたいという人もいらっしゃるかと思います。

そんな人達に朗報です。筋トレペースは週2でも大丈夫です。

今日は筋トレペースについてお話させていただきます。

週2でも理由

筋トレをしている人はご存じかと思いますが、筋トレをすると筋肉痛が起こります。筋肉痛は筋繊維が破壊され起こります。筋肉の回復には48時間~72時間といわれております。それがいわゆる超回復というものです。

筋肉痛がつづいているということは筋繊維の修復が終わっていないことを示しております。そのため、週2でもいいということです。

もちろん筋肉痛がない場合はわざわざ超回復の48時間~72時間を待たずして行って良いとされております。しかし、筋肉痛の回復が速いということは筋トレメニューになれてしまった可能性がありあますので、負荷を増やしたりメニューを変えてみましょう。



週1でしかジムにいけないという人もいらっしゃるかと思います。その際は自宅で10分だけでもいいので筋トレを行いましょう。メニューは腕立てやスクワットで大丈夫です。

週2でやるメニューは?

週5で行っている場合は、腕、胸、肩、背中、足で分けることができ、週4だと上半身、下半身×2ですることができます。

では週2の場合はどうしたほうがいいかと申しますと、全身トレです。週2の場合は分けすぎたりすると1か月単位になってしまい、また上半身と下半身だとそれぞれ1回ずつしかできないので、筋肥大が難しくなってしまいます。

ですので、全身トレがおすすめです。また、Youtubeでも筋トレペースについてお話されている方がいらっしゃいましたので、ご紹介させていただきます。

私と紹介しているメニューとは違いますが、共通していることは継続しておこなうことが大切ということです。



筋トレだけではないですが、継続は力なりです。ただ勉強などと違い筋トレは体の変化が目に見えてわかるということです。

目に見えて変化が見えますので、サボってしまうと筋肉が落ちてしまいだらしない体になってしまいます。ですので、せめて筋トレペースは週1やりましょう。

最後に

筋トレペース人それぞれライフスタイルによって異なります。もちろんフィージックやボディビルに出る人は週5でやっている人は多いです。

しかし、週2で継続して行っていればフィージックにもボディビルにも出場できるほど筋肉はつけられると思います。

自分のライフスタイルにあった筋トレペースで行っていきましょう。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。


ランキングに参加しております!下記を押して応援お願いいたします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ダイエットブログへ