どうもちなつです。

今日は腹筋についてのお話です。

あなたは普段どこで腹筋をしておりますか。

主にジムで行ってるかと思います。

しかし、私はジムでやるより自宅でやった方がいいと考えます。

今日はそんな腹筋についてお話させていただきます。

自宅でのメリット

ジムにいく時間の短縮

ジムにあまりにも近いという人は別ですが、ジムに行くのに少なからず時間がかかるかと思います。

そんな時間をかけていった上で、腹筋をメニューに組み込む意味はあるのでしょうか。

私自身自宅に懸垂棒と腹筋ローラーとベンチがありますので、
これだけでも『ドラゴンフラッグ』や『ハンギングレッグレイズ』ができます。

自重だけでも腹筋は十分鍛えられると思います。





毎日できる

他の部位は超回復の関係で2~3日ほど間隔を開けなくてはなりませんが、
腹筋は回復が速いで毎日やっても支障がないといわれております。

恐らく毎日ないし週6でジムに行っている人はいないでしょう。
しかし自宅なら腹筋のためにジムに行かなくても自宅で簡単にできます。

しかも、器具を使わず6分でできるトレーニングがあります。

実際にやればわかりますが、筋肉が全然ついていない状態でやるとこのトレーニングめちゃめちゃきついです。

しかも6分でできるので時短にもなります。6分ではほとんどの人がジムにはついていないと思います。

自宅でのデメリット

自宅なのでサボリやすい

ジムだと沢山の人がいるので、見られていないとわかっていても頑張ってしまうものです。

自宅の場合は誰も見てる人はいないし、逆に家族がいてやりづらいという人も中にはいるかと思います。

そのため、サボりやすい環境で続けるのが難しくなってしまいます。

もし、自宅でやる場合は毎日同じ時間にやり、習慣付けるのがコツです。

習慣になってしまえば、やらないとなんか嫌な気持ちになるのでやるようになります。

ぜひとも試してみてください。

ジムでのメリット

マシンがある

ジムでのメリットはやはりマシンがあることでしょう。

自宅では数万ないし数十万するマシンをわざわざ買うお金もないと思います
あったとしてもジムに行く方が安く済みますし、まずスペースの問題も発生します。

ですが、ジム場合はそれらの問題をすべて解決してくれます。





指導者がいる

ジムには基本的には24時間ジムを除けば誰かしらいるかと思います。

初心者のうちですと、どうしてもマシンの使い方やフォームが正しいかわかりません。

しかし、常駐しているスタッフに声をかければ大体教えてもらえます。

しかも最初のうちに正しいフォームを教えてもらえば体を壊すリスクも減ります。

ジムのデメリット

費用が掛かる

ジムの場合はどうしてもお金がかかってしまいます。年間にすると10万円ほどです。

これを安いか高いかは完全個人差ですが、やはり自宅で腹筋ができると考えると少し高く感じてしまうかもしれませんね。

最後に

これらのことを踏まえると私は自宅でメインでやり、ジムに行ったついでにやるというのをおすすめいたします。

私の考えでは自宅でできるなら自宅でやるという考えがあります。
ジムには時間とお金をかけております。
しかし、自宅ではどちらもかけずにできます。

なら自宅の方が圧倒的に得だなと私は感じております。
人それぞれの考え方があるかと思いますが、参考にしてみてください。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。


ランキングに参加しております!下記を押して応援お願いいたします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ダイエットブログへ