どうもちなつです。

今日は世間ではクリスマスですが、

私はバイトでした。バイトでした!

(´;ω;`)ウゥゥ

さて、あなたは普段なにを飲んで水分補給をしておりますか。

コーヒーやお茶はたまたジュースなど色々いるかと思います。

ですが、これらのもので水分補給をすると利尿作用で意味がなかったり、ペットボトル症候群などの糖尿病になる可能性が高なる可能性があります。

今日はそんな水分補給についてお話しいたします。





コーヒー

よく朝から晩まで水はあまり飲まずコーヒーやお茶をのむという人は多くいらっしゃいます。

しかし、このコーヒーにはカフェインが含まれております。

もちろん単純にコーヒーが好きで飲む人もおりますが、このカフェインを摂取するために飲む人も多くいらっしゃいます。

しかし、カフェインには利尿作用があります。

そのため、たくさん飲んでいるつもりでもほとんど尿として排出され知らず知らずの内に脱水状態を行き起こす可能性があります。

炭酸飲料

炭酸飲料を含む清涼飲料水を飲みすぎると「ペットボトル症候群」になる可能性があります。

ペットボトル症候群という名称は俗称で、正式には「ソフトドリンクケトーシス」と呼ばれる。
糖を多く含む清涼飲料水(ソフトドリンク)を大量に飲むことで高血糖になり、
そのために喉が渇いてまた清涼飲料水を飲むという行為を繰り返し、著しい高血糖となってケトーシスに至るというもの。
出典:糖尿病ネットワーク

このケトーシス状態になると糖尿病みたいな症状が起こります。

倦怠感
イライラ
意識障害
喉の乾き等

特に問題なのがのどの渇きです。炭酸飲料を飲んだがのどがかいているためまた炭酸飲料を飲むという繰り返しを行ってしまいます。

そうすることにより更に症状が悪化し最終的に倒れてしまったり糖尿病になります。

心当たりのある方は注意してください。

なお、スポーツドリンクは大丈夫だと思ってたくさん飲まれる方がいらっしゃいますが、ポカリスエットやアクエリアスにも大量の糖分が入っております。

運動していないときは飲まないようにいたしましょう。





正しい水分補給

水分補給に適切な飲み物は
水、炭酸水、麦茶などのカフェインが入っていないお茶です。

これらを20~30分にコップ一杯分を飲みましょう。

2時間で500mlを飲み終えるような感覚がよいです。

最後に

水分補給は以外と夏よりも冬の方が大切です。

夏は必然的に暑いのでこまめに水分補給をしますが、
冬は水分補給をあまりしなくなりますので、知らず知らずの内に脱水状態になり、頭痛や吐き気をもようしたりします。

ですので、こまめな水分補給するよう心がけて行きましょう!

最後まで閲覧いただきありがとうございました。


ランキングに参加しております!下記を押して応援お願いいたします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ダイエットブログへ