)

どうも千夏です。

先日ZIPでも話題にされていた24時間運営のジム。
私は現在JOYFIT24(ジョイフィット)に通っており、
また1年前にはエニタイムフィットネスに通っておりました。

そこで今回は24時間のメリットデメリットを説明させていただきます。

24時間ジムのメリット

いつでも好きな時に行ける

やはり最大のメリットはこれにつきます。

普通のジムであれば10~22時で
休日はもっと短く~19時前までのジムが多数です。

しかし24時間のジムは名前の通り
いつでも行くことが可能です。

仕事前に行くのもよし、仕事後に行くのもよし。
ジムがやってないからいけないなどの言い訳ができなくなりので、
必然的に行くしかなりません。

また、年中無休なので定休日がないので、
気にせずいつでも行くことが可能です。

暇な年末や正月にも通うことが可能ですので、
やる人はいないと思いますが、筋トレ年明けもできます笑

低価格で全国の店舗が利用可能

通常のジムであればその店舗のみまたは
割り増し価格でエリア会員になれるなどがあります。

しかし24時間のジムであれば全国どこでも利用が可能です。
しかもメイン店舗によりますが大体7,000円前後で通うことができます。

ただ規定でメイン店舗より他の店舗に通ってる回数が多い場合は、
店舗の変更をしなくてはならなくなりますので、
ご注意ください。

荷物が少なくなる

基本的に24時間のジムは土足OKです。
やはりシューズはものすごく荷物になります。

特に仕事後にジムに行かれている方も
いらっしゃると思いますが、
その際スニーカーが邪魔になるかと思います。

しかし24時間運営のジムでは土足OKなので、
荷物が軽くて済みます。

デメリット

スタッフが少ない

基本的に常駐しているスタッフは1~2人です。

また、滞在時間も24時間いるわけではなく
私のジムは12~21時の間のみです。

そのため、困ったときなどはものすごく困ります。

マシン以外がない

マシン以外が基本的になく、
あるのはマシンフリーウェイト
有酸素運動系(トレッドミルやバイク)ぐらいしかありません。

シャワーが少ない

もちろん店舗によりますが、
シャワーがものすごく少ないです。

私が知っている店舗だと1つしかない店舗もあります。
そのため、シャワーを浴びるのに時間がかかったりします。




どんな人に向いているか

仕事前や仕事後に通いたい。

私も現在通っている理由の一つですが、
以前まで仕事をしておりましたので、
仕事前に行ってから行っておりました。

仕事後のジムは疲れたからを言い訳にしてしまい、
通わなくなってしまうので、
仕事前に行っておりました。

トレーニングに集中したい人

これも私が24時間を選んだ理由の一つです。
やはり通常のジムだとどうしても、
どの時間も混雑しており、
またフリーウェイトも順番待ちなども多々あります。

しかし、24時間のジムは大体すいておりますので、
順番待ちの心配なくじっくりと鍛えられます。

転勤が多い人

全国で利用ができるので、
転勤が多い人には向いているでしょう。

お金がない人

低価格なので、お金がない人には向いております。
また。シャワーだけの利用が可能ですので、
水道代やガス代にも節約ができます。

またジョイフィットでは水素水が1000円で飲み放題ですので、
ちょっとした節約にもなります。

初心者

私が24時間ジムに通い始めたのは初心者だけどフリーウェイトをやりたかったからです。
ただ他のジムやゴールドジムなどはがっつり鍛えてる人たちがよくやっておりますので、
筋トレ初心者な私が通うのに抵抗がありました。

そのため、まずは24時間ジムで人がいない時間帯で鍛えようと思い、
通い始めたので、これからがっつり鍛えたいけど、
恥ずかしいという人にも向いております。

不向きな人

サポートやアドバイスが欲しい人

やはり人が少ないので、
サポートやアドバイスがもらうことができません。

店舗ごとにパーソナルジムプランが、別料金であります。

筋トレ以外やりたい人

マシン特化なので、筋トレと有酸素運動ぐらいしかできません。
通常のジムにあるスタジオやプール、
運動後のスパなどもないので、そういった施設を
利用したい人には向いていないです。

最後に

24時間のジムはいろいろな人に向いております。
しかし、ジム選びで一番重要なのは近さだと思います。

1番のおすすめは自宅近くです

やはり近いことは重要で遠いと通わなくなったりします。
ですので、24時間ジムを選ぶのはいいですけど、
ちゃんと自分に合っているかを確認してから入会しましょう。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 


 

下記ブックマークを押して応援お願いいたします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加