どうもちなつです。

ダイエットは本格的にやろうとするとお金がかかります。

牛肉の赤身だったり、ナッツなど栄養価が高いですが、価格も高くなっております。

今回はダイエットができる食品で安い上美味しいものについてお話させていただきます。

納豆

スーパーに行けばどこでも買える納豆。

価格は安いものであれば3パックで40円ほどで購入することが可能です。

納豆自体のカロリーは、四角いパックのやつで100カロリーで決してすごく低いわけではありません。

しかし、納豆には『ナットウキナーゼ』という納豆特有の成分が含まれています。

このナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があります。

このサラサラにする作用は新陳代謝を高め上、痩せやすい体を作ることができます。

こちらもスーパーに行けばどこでも買えるです。

卵は栄養価の高さからスーパーフードと言われております

たまごは以下のような栄養価があります。

たんぱく質:7.4g
脂質:6.2g
炭水化物:0.2g
ビタミンA:90μg
ビタミンD:1.1μg
ビタミンE:0.7mg
ビタミンB12:0.5μg
カルシウム:31mg
マグネシウム:7mg
リン:110mg
鉄:1.1mg

卵1個だけでもこのような栄養価の誇っており、特に注目すべき栄養価はたんぱく質の多さです。

成人男女ともにたんぱく質は体重分とったほうがよいとされておりますので、

積極的にとっていきましょう。

また、卵はコルステロールの高さから数年前まで1日2個までと言われておりました。

なぜ1日2個までと言われておりましたが、コレストロールが高い食品の場合

動脈硬化や脳卒中などに影響を及ぼすと考えられていました。

しかし、現代の実験により3個以上食べていても、卵をとりすぎても影響がないと言われております。

むしろ、コレステロールが不足すると免疫力の低下に繋がると言われ、最低でも1日2個は卵を食べた方が健康にもいいとも言われております。

胸肉

胸肉は価格も100g当たり50円前後で帰るお肉でとてもお買い得です。

また、その栄養価も豊富でたんぱく質はもちろんのこと、ビタミンB群や、ビタミンAも多く含まれておりますので、ホルモンバランスを整えてくれ、精神安定・疲労回復の効果もあります。

特にビタミンB6がダイエット効果があるといわれており、ビタミンB6にはたんぱく質の合成能力があります。

合成能力とは筋肉を作るための材料であるタンパク質を、筋肉まで届けてくれる働きです。つまり筋肉をつける、増やす上で非常に重要なビタミンがビタミンB6なのです。

ですので、ビタミンB6は必須と言われております。

最後に

今回紹介した3つはとてもスーパーに行けば安い価格でどこでも手に入りしかも美味しい食材です。

また、ダイエット以外にもトレーニーにもお勧めですので、ぜひとも取り入れてみてください。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。