どうもちなつです。

ダイエットでよく議論されている飲み物。それがお茶と水です。

今回はそんなダイエットにおいて水かお茶どちらがいいかお話させていただきます。

水でのメリット

基礎代謝が上がる

基礎代謝とは、生命活動を維持するために生体で自動的に行われている活動で必要なエネルギーのことです。

そのため、この基礎代謝を上げることによって運動をせずに消費カロリーを増やすことができます。

水を飲むと体温が下がります。体がそれに反して戻そうとし体温を戻す働きをし、その際基礎代謝を増やします。

その差は約10~30%増加するといわれております。

基礎代謝が1,500カロリーなら、約500カロリー基礎代謝が増えます。

しかし継続性はなく40分を過ぎると体が冷えてしまい、元に戻ってしまいます。



美肌効果

水分は成人の場合、人体の60%を占めています。そんな水分は、年を取るとともに減っていきます。

水分が不足すると肌に潤いがなくなり、肌が荒れたりカサカサし乾燥肌の原因になります。

しかし、水分を補給することによりこれらの悩みが解消されます。

便秘解消

体内の水分量が減ると代謝も低下します。

便には大量の水分を含んでおります。

水分が不足する腸の働きもダウンしてしまい、便を外に押し出す力も落ちてしまいます。

そのため便秘の原因となってしまいます。

しかし水分を含むことにより便秘が解消され、便秘が解消されます。



水の量の目安は?

水分の摂取量の目安は毎日1.5~2リットルが目安になります。

大体2Lの水がよいとされております。

また、水は吸収できる水の量は200ml前後と言われております。

そのため一度にたくさん飲まずにこまめに摂取しましょう。

特に重要なのが朝と言われております。

寝ている間人は200mlほど水分が排出されます。

朝起きても汗をかいた気があまりしないものですが、自分が気づかない夜間にこれだけの水分が体外に出て行っているのです。

また、寝ている間には水分を補給することができません。

そのため、夜間寝る前にお水を飲み、睡眠中に水分が出ていくのに備えるのは有効なのです。

お茶のメリット

体脂肪を減らす

緑茶に限りますが、カテキンが含まれております。

このカテキンには血糖値を緩やかにする効果だけではなく、体脂肪を減らす効果があります。

また。脂肪を減らすだけではなく、糖や脂質の吸収を抑える効果もあると言われています。



脂肪燃焼効果

お茶には大体カフェインが含まれております。

カフェインには、脂肪燃焼効果があります。脂肪を燃焼させるには、脂肪を代謝しなければいけません。この脂肪を代謝するのは、リパーゼという酵素です。

カフェインはこのリパーゼを活性化させる働きがありますので、脂肪の燃焼を促進する作用があります。

おすすめの水は?



水は基本的に水道水でも、コンビニやドラッグストアで売っている市販の水でも大丈夫です。

しかし、水はやはり体の60%含まれておりますので、こだわりたいものです。

その人にはおすすめなのが、「ウォータースタンド

最近でもCMでよく見かけるようになりました。

従来のウォーターサーバーの場合は「ボトル交換」「注文の手間」「ボトルの置き場所」などの色々な懸念点がありありました。

しかし、このウォータースタンドは直接水道水をろ過しておりますので、それらの懸念点が解消されてます。

また、従来のウォーターサーバーに比べて安くなっております。

機種別の機能や従来の浄水機との違いもありますなど公式ホームページに記載があります。

ここには書ききれないほどの素晴らしい機能が備わっております。

まずは公式ホームページをチャックしましょう!!!

おすすめのお茶は?

お茶にはトクホなど様々な素晴らしいをお茶があります。

しかし一番のお茶は「Qutt-Tea (キュッティ)」です。

Qutt-Teaは海外セレブの間で人気なっております。

しかも痩せずらい30代の方でも大幅な減量を成功させることが可能です。

また4月30日までにトクトクコースを申込みいただくと初回980円キャンペーンを行っております。

このキャンペーンは数量限定ですので、4月30日までに売れきれてしまう可能性があります。

ぜひとも早めに申し込みをしましょう。

最後に

水やお茶のダイエットは飲むだけで簡単にやることが可能です。是非ともお試しください。

この記事が良いと思ったらブックマークをしてください!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加