どうもちなつです。

最近は暖かくなり桜が満開になっております。

夏に近づくにつれて肌を露出する機会が増えてくると思います。

夏になれば半そでになりますので、
薄着はもちろんのことプールや海に行く機会が多くなります。

気になることはやはり体型のことだと思います。

今では小学生も体型を気にするほどの時代となっております。

私も小学6年生の段階で身長167cmで71㎏で今とほとんど変わらない体型をしておりました。

そんな太っていた私だからこそわかる小学生が、比較的簡単に痩せる方法を5選紹介していきたいと思います。



小学生の肥満化が進んでる?

ダイエットの紹介の前になぜ小学生がダイエットを
気にする社会になっているかを紹介していきたいと思います。

肥満傾向のこどもが増えてます

文部科学省の調査*1によると、ここ30年の間、肥満傾向のこどもは2~3倍に増えており、9~17歳の男の子の10人に1人は肥満であるとの数字が出ています。とくに、男の子では15歳で13.5%、女の子では12歳で9.8%ともっとも高い肥満出現率が示されています。また、平成17年の国民健康・栄養調査*2でも、こどもの「体格の変化」として、「肥満」、「太りぎみ」の男子は22.6%、女子は25.4%でした。

食習慣の変化

さらに、こどもたちの生活リズムにも変化が表れており、「夜型」になっています。日本小児保健協会が平成12年に行った「幼児健康度調査」*3によると、「22時以降に就寝する」こどもの割合は、1歳6ヵ月児で55%、2歳児で59%、3歳児で52%といずれも半数を超えており、10年前の調査(それぞれ25%、29%、22%)と比べると、2倍以上に増加。夜型傾向になっているのは、大人の生活リズムに同調している要因が大きいとみられます。

食生活でも、夕食を19時以降に食べる小中学生が46.2%と、12年前の36.2%から10%増。うち20時以降に食べるこどもは7.1%で、12年前(1.7%)に比べ5.4%増加しています。平成20年の同調査*4では、朝食欠食は、7~14歳までの男の子では6.5%、15~19歳になると18.4%、20代になると30%と、年齢とともに上昇しています。このように、親世代に比べ、こどもたちの食習慣も大きく変化しているのです。このような、食や生活習慣の乱れたこどもたちは、肥満のリスクが高いとされており、家庭や学校を中心に改善への取組みが必要となってきます。

 

出典:メタボリックシンドローム・ネット

また他にもネットの低年齢化も背景にあるかと思います。

私は現在20台後半ですので、
小学生の頃はポケモンが流行りゲームボーイやプレステが流行っておりました。

しかし携帯電話は大した機能がなく電話が中心で、
小学生で持っている人はほとんどおりませんでした。
中学校ではちらほら持っている人がおり、

高校から持ち始めたという人は少なくありません。

そのため、小学生の頃は放課後は
もちろんのこと休みの日は外で遊んでおりました。

しかしながら、現代の小学生はスマホの復旧率は
60%を超えております。

そのため、外で遊ぶ機会がすくなくなり
肥満化が進んでいるのかと思います。

さて前置きが少々長くなりましたが、
本題に移らさせていただきます。

量を減らす

太る原因は様々な要因があるので、一概に言えませんが太る原因は食事の量にあります。

大人でも大量な食事を太ってしまいます。

なのに、抑制力がない小学生にお母さまが押さえないことをしないと絶対に太ってしまいます。

実際に私がそうでした。

ご飯も毎日たくさん食べ、からあげが大好物だったので、油ものをたくさん食べておりました。

結果12歳で71kgのデブになってしまったのです。

ダイエットにおいて小学生だろうが大人だろうが関係はありません。

ダイエットをさせたいと思いましたら、必ず量を減らしましょう!

ただし、減らすというのは難しいものです。

そこで、この後に紹介する4つを行うことで、食前前に空腹を抑えて、
食事の段階で量を減らして食べさせるようにしてください。



間食を変える

太ってしまう原因の一つといわれているのがおやつです。

お子さんがお腹がすいてしまうと、ねだられてしまうかと思います。

そこで役立つのがこの変えるダイエットです。

このダイエット方法は食事のメニューを変えずにダイエット
おやつのメニューを変えるだけで簡単に痩せるという方法です。

おすすめのものはナッツ類、ガム、チーズ、果物、ヨーグルトです。

特に小学生におすすめはチーズや果物です。

チーズはさまざまな栄養素があり、特にこれから成長する小学生に必要なカルシウムが含まれております。




小学生はこれからが成長期に入るかと思います。

そこで一番重要な栄養素がカルシウムです。

小学生の特に5年生から中学生にかけて成長期に入るかと思います。

その成長期段階でのカルシウム摂取量は大人より摂取する必要があります。

それほど成長期段階でのカルシウムは必要不可欠といえるのです。

ですので、間食をチーズをすることで豊富なカルシウムを摂取することにできます。

また、果物にはビタミンミネラルや食物繊維が含まれております

こちらも、やはり成長段階の小学生に必要な栄養とされております。

通常のスナック菓子だと栄養素が全く含まれておらず、太る原因や栄養失調の原因となってしまいます。

普段、間食をさせなかったり、スナック菓子を与えてるようでしたら、ぜひともチーズや果物など栄養価が豊富なものを積極的にあげるようにしましょう

 



運動をする

現代社会では小学生にかかわらず、
大人も運動する時間が減っております。

最初にもお話させていただきましたが、
ネット普及率増加に背景があるかと思います。

運動に関しては小学生~大学生までは体育が
あり運動する機会はいくらでもありますが、

大人になるとその機会がなくなり、
自発的に行動しないと運動する機会はありません。

ですので、老若男女問わず運動をしていく必要があります。

ではどうやって小学生が運動をしていけばいいのかお話しさせていただきます。

小学生はこれから始めるスポーツを始めるには
最適な時期でいろんなスポーツを始めてみるのがいいでしょう。

特に日本では野球やサッカーが普及しております。
それらのスポーツをさせてみるのもいいでしょう。

ですが、運動が苦手な小学生が
いきなりスポーツをやるのは難しいです。

ですので、まずは初めは親子で
始めてみるのがいいです。




そうすれば親子同時に痩せることができ、
またスポーツを始めるきっかけにもなります。

まずは外を歩くことがから初めてみるのがおすすめです。

急にランニングなど始めると挫折してしまう可能性があります。

なのでまずは近所を歩くことから初めて、
そのあと一緒にランニングやサイクリングなどに
切り替えていくのがいいでしょう。

特に現代の小学生はネット社会の影響で引きこもりがちになってしまうので、
両親が積極的に外に連れ出す必要があります。

もしお時間があるようでしたら、
一緒に外に出かけて交流を深めていきましょう!



咀嚼回数を増やす

恐らくこれが一番簡単なダイエット方法です。
現代社会では咀嚼回数が減っているといわれております

現代の日本人が1度の食事で「噛む」回数は、約600回と言われています。“600回”と聞くと、さぞかし多いように感じられるかもしれませんが、昔に比べると激減しているのです。戦前は1度の食事で約1,400回、さらに昔の弥生時代にまで遡ると、なんと約4,000回も噛んでいたと言われています。食べ物そのものや、食文化の変化の影響があるとはいえ、これほどまでに噛む回数が減ってくると、私たちの体に何らかの問題が生じても不思議ではありません。実際に、噛む回数が減ることによって、現代人の体にさまざまな悪影響が出ていると言われています。その代表的なものが肥満と歯周病です。

「早食いをすると太る」というのは、言い換えれば「しっかり噛まないと太る」ということ。では、なぜ噛む回数が少なければ肥満につながるのでしょうか。噛むという行為は、脳の中にある満腹中枢を刺激します。満腹中枢が刺激されることで、人間は食事での満足感が得られるようになります。しかし、噛む回数が少なければ、いくら食べても満腹中枢への刺激が足りず、満足感が得られません。したがって、必要以上に食べる量が増えてしまい、肥満につながるというわけです。「ついつい食べ過ぎてしまう…」という方は、さっそく今日から噛む回数を増やしてみましょう。出典:eo健康

また、咀嚼回数を増やすことによって
顔回りの肉が落ちていき小顔効果も得ることができます。

咀嚼回数を増やすのは次の食事からできることですので、
早速やってみてください。



水を多く飲む

水を飲むことはダイエットにつながるの?
と思う方はいらっしゃるかと思います。

しかし水は本当にダイエット効果が高いとされております。

実は空腹だと思っていたら実際は空腹感
脳が勘違いをするということがあります。

そのため、実際は胃に食べ物が入っているのに
食べてしまうということがあります。



実際にはそれが空腹か空腹感はわかりませんので、
ひとまず食べる前にコップ1杯の水分補給をしましょう。

なお、こちらに関しても別記事にて
まとめておりますので、参考にしてみてください。

サプリをとる

少し金銭的に余裕がある人はサプリ頼ってみるのもいいでしょう。

もちろんサプリだけ摂取してもやせることはありません。

しかし促進効果があったりしますので、
モチベーション向上につながったりします。

また栄養も豊富に含まれておりますので、
栄養不足を補うこともできます。

試してみる価値はあります。

アスミール

恐らく小学生の肥満化には運動不足は、
もちろんのこと食生活の偏りがあるかと思います。

偏食でお菓子ばかり食べたりして夜ご飯を食べなかったり、
肉ばかり食べてビタミンが豊富な野菜を食べないなどの悩みは尽きないと思います。

そんなお子様におすすめなのが「アスミール」です。


こちらはダイエットがメインではございませんが、ダイエットを改善するような栄養成分がたくさん含まれております。

このアスミールは「子どもの成長におすすめドリンク」や「子どもの健康を考えたドリンク」として第1位を獲得しているほどたくさんの人に飲まれております。




なぜ人気かというとその栄養成分の豊富さです。

このアスミールには以下のような1日に必要な成分が豊富に含まれております。

・ビタミンB6(123%)
・ビタミンB12(91%)
・カルシウム(86%)
・鉄分(85%)
・ビタミンB2(84%)
・ビタミンB1(85%)
・ビタミンD(75%)
・ビタミンC(75%)
・ビタミンE(70%)
・ビタミンA(70%)

上記のような成分が1日1杯アスミールを飲むだけで栄養摂取することが可能です!

また、なんと脳の大人にも必要なDHAが含まれております!

脳が作られる段階の子どもにDHAを摂取しておくと、その後の記憶力上昇や運動神経の向上にも役立つといわれております。

ご存知かと思いますが、魚に豊富なDHAが含まれております。

しかし、毎日魚を焼いたりするのは大変ではありませんでしょうか。

そんな時に『アスミール』をあげると簡単に摂取することができます。

作り方も簡単で、粉を入れて混ぜるだけで完成です。

おやつにも最適な商品です!

しかもなんと現在先着100名様限定でチャレンジ定期コースをお申込みいただきますと、通常価格4,102円のところ、87%OFFの500円で初回購入することが可能です。

先着順でかつ人気なので、すぐに定員に達してしまう可能性がありますので、お早めにお申し込みください。

ほかにもお子さんにいいことがたくさんありますので、少しでも気になりましたらぜひとも公式ホームページをご確認ください。

最後に

ダイエットは難しいものといわれております。

ダイエットにかかわらず努力をしなければ痩せることができません。

やり方を間違えなければ小学生でも簡単に痩せることができます。

ただ、小学生は一人では痩せることができないので、両親の手伝いが絶対必須です。

本当に痩せさせたいと思っているようでしたら、ぜひともお子さんと一緒に頑張っていきましょう!

最後まで閲覧いただきありがとうございました。