どうもちなつです。

日本でも最近「フルグラ」という商品が人気に拍車がかかり有名になったグラノーラ

そしてボディビルダーやフィージックなどボディメイクをしている人の減量期に使われているオートミール

そして今回紹介するのがミューズリーです。

どれもシリアルなので似たような商品ですが、すべて違う商品です。

今日はミューズリーを中心にお話させていただきます。

それぞれの違いとは

共通して言えるのはすべてオーツ麦を使用して、基本的には朝食やおやつとして食べられているところです。

ほとんど違いはありませんが、違いについてお話させていただきます。




グラノーラとは

グラノーラとは、オーツ麦・麦・玄米・ナッツ等にメープルシロップやハチミツでコーティングしオーブンで焼いたものです。

加熱したものにドライフルーツなどを入れたものがフルーツグラノーラになります。

日本でも「フルグラ」を筆頭に朝食として取り入れられており今では「バナナ」や「はちみつ」など様々なフレーバーが発売されております。

オートミールとは

オートミールとはオーツ麦を人間が食べやすいものに加工したものです。

日本ではあまり食べられておりませんが、ボディビルやフィージックなどボディメイクを行っている人たちの主に減量期としてとり入れられております。

主にアメリカで朝食で食べられており時々洋画などでも見かけることがあります。

また、調理方法のバリエーションが豊富でいろんなものが作れます。

ミューズリーとは

ほとんど使われているものはグラノーラと変わらず、オーツ麦・麦・玄米・ナッツ等を使用しております。

最大に違いは何か申しますと、加熱せずそのまま食べるのがミューズリーです。

グラノーラの場合は最後に蜂蜜や植物油でコーティングし加熱して食べるのに対し、ミューズリーは加熱せずに食べるものです。

また、砂糖や塩や油などは使われておりませんので、とてもヘルシーです。

日本ではあまり知られていませんが、海外では朝食で食べられております。

なお、小鳥も食べるらしいですが基本的には人間の食べ物です。




オーツ麦の効果

グラノーラ、ミューズリー、オートミールの3つに共通している食材はオーツ麦です。

このオーツ麦にはダイエットに素晴らしい効果があります。

豊富な食物繊維

オーツ麦には豊富な食物繊維が含まれており、約100gあたり9.4g含まれております。

これは精白米は100g当たり0.5g含まれておりますので、約18倍含まれております。

また、食物繊維は水溶性と不溶性食物繊維がありますが、水溶性食物繊維が3.2g、不溶性食物繊維6.2g含まれております。

この水溶性食物繊維は、腸内で水に溶け、ゼリー状になって他の食品と混ざり合い消化管をゆるやかに移動しながら、便を体外に出す働きを持っています。

つまり、便の量を増やしたい、腸を動かして便秘を解消したいなら「不溶性食物繊維」便を軟らかくしたいと思ったら「水溶性食物繊維」をそれぞれ摂る必要があるということです。

そのため、オーツ麦を摂取すると便秘解消につながります。

豊富な鉄分

ダイエットを行うと食べる量が減るため貧血のせいで立ち眩みやめまいなどの症状を起こしてしまうのです。

ですが、オーツ麦には100g当たり3.9gという豊富な鉄分が含まれております。

鉄分の1日の摂取量目安は成人男性はおおよそ6g、成人女性は5gと言われておりますので、男女共に100g摂取することにより半分以上摂取することが可能です。

そのため、オーツ麦を摂取することにより貧血を防ぐことができますので、立ち眩みなどの心配もなくります。

豊富なカルシウム

オーツ麦には100g当たり47㎎と豊富なカルシウムが含まれております。これはごはんの約15倍含まれております。

カルシウムが不足すると基礎代謝を下げたり、脂肪をため込みやすくするなどのダイエットに悪影響なことが起きます。

特にダイエット中は脂肪を気にしがちなため、ため込みやすくなるとせっかく落とした脂肪もまたつくという悪循環になってしまいます。

しかし、オーツ麦を摂取することによりカルシウムを摂取することができますので、脂肪をためにくくなりダイエットに大きく役立ちます。

食べ方

食べ方はすべて似たり寄ったりです。基本的には牛乳をかけて食べることが多いです。

ミューズリーの場合はクッキーの材料にすることも可能です。

しかし、オートミールは汎用性が高く甘いものはもちろんのこと、ごはんの代わりにして炭水化物として食べることができます。

すべて共通しておすすめできる食べ方は、プロテインと低脂肪乳を組み合わせるやり方です。

日本人は日々プロテイン不足に陥っているといわれております。

この二つと組み合わせることによってカルシウムやたんぱく質がとれます。

また低脂肪乳を使うことによって余計な脂質を取らずに食べることができます。

ぜひとも参考にしてみてください。




なぜミューズリーがおすすめなのか

グラノーラ、オートミール、ミューズリーは他の炭水化物に比べたら圧倒的にダイエットに向いております。

ですので、3つとも実際はどれでも大丈夫です。

しかし、特に私がおすすめするのはミューズリーです。

なぜミューズリーがおすすめなのか説明させていただきます

グラノーラがダメな理由

グラノーラは3つの中では一番向いておりません。

と申し上げたのは圧倒的にカロリーが高く糖質がたくさん含まれております。

この糖質がたくさん含まれているせいなのか、少量にしても空腹感に襲われ結局当初決めていた既定の量より多く食べてしまうというご経験はありませんでしょうか。

また、植物性油脂やはちみつ、シロップなどの甘味料も沢山使用されておりますので、かえって太ってしまうということが起きてしまいます。

ですので、私はグラノーラはダイエットに向いていないと思います。

オートミールがダメな理由

オートミールはおそらくこの中では1番ダイエットに向いていると思いますが、ダイエットにストイックではないと食べ続けるのは厳しいと思います。

オートミールの味は好みに分かれてしまいますが、はっきり言ってまずいです。私もよく食べておりますが、できれば食べたくないほどおいしくないです。

ただ栄養価のことや金額のことを踏まえると一番お得です。

クエーカーのオートミールは4.5kgで大体2,000円前後で購入することができます。

オートミールは1食当たり30g前後が目安と言われております。

ですので、大体150食前後食べてまた価格も1食13円前後で食べることができます。

恐らくここまで安く食べられる食品はほかにないので、もしまずさに耐えられる人であればやってみることをお勧めいたします。

ミューズリーがいい理由

ミューズリーはグラノーラと違い砂糖や糖分を使用しておりません。

そのため甘くはありませんが、糖質が少ないためダイエットに向いているといえます。

また、糖分が含まれていないとうことは血糖値の上昇を抑えることができます。

グラノーラの場合摂取すると血糖値が上昇し下降していきます。

血糖値が上昇するとと同時にインシュリンを大量に分泌し、体内で消費しきれなかった糖を脂肪として蓄積します。

そしてすぐに下降をしてしまうので、すぐに空腹を感じるようになります。

そのため、グラノーラよりミューズリーをお勧めいたします。




ミューズリーでダイエット方法

ミューズリーでダイエットをする場合は一番おすすめの方法はやはり置き換えダイエットです。

特にお手軽なのは朝食です。朝忙しい時にわざわざ作ったりすると時間がなくなりもったいないです。

しかし、ミューズリーであればヨーグルトや牛乳をかけるだけで簡単にできます。

ですが、グラノーラのとの違いは食感の違いもあります。

グラノーラはサクサクして食べやすいですが、ミューズリーは過熱をしていないので穀物の特有のモソモソ感があります。

もしこのもそもそ感が苦手という場合は、前の晩から牛乳かヨーグルトを浸しておきましょう。

そうすれば水分を吸ってくれますので、食べやすくなります。

また、少し糖分が欲しいという場合は、オリゴ糖やココアパウダーなどをかけるとお勧めします。

他にも間食防止のためにクッキーなどおやつを作るとさらにダイエット効果に拍車がかかりますので、とてもお勧めです。

最後に

シリアルはとてもおいしく忙しい朝にはさっと作れてパッと食べられる上おいしいです。

また、栄養価も豊富ですので、便秘や貧血に悩まずスルスルっと痩せていくことが可能です。

ただ、シリアル系のダイエットに言えることは短期間のダイエットには向いてはいないということです。

1か月で10kgなどは無理だと思っていいでしょう。

その代わり、毎朝続ければ1kg2kgと痩せていきます。

無理せずに痩せられるので、ぜひとも試してみてください。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。